• 316

【水曜エッセイ カルダモンのかおり】第13話 道すがら、百合。



通勤の道すがら

いつも目に留まる一輪の百合があります


ひょろっと長く

飛び出るように咲いていて

仲間の百合たちとは別行動


一匹オオカミタイプ(?)

まわりと絶妙な距離を保っています

.

.

最近、”距離感”ということを考えています


家族

友だち

自分自身との距離


近づきすぎると見えなくなってしまうし

遠すぎるとさみしい


お互いにあたたかさを感じられる距離って

いったい、どのくらいなんでしょうか?

.

いろいろ試しながらのあゆみですが、

距離感というのは

見えていない”今”に気づくために必要な空間なんだよな〜

と思っています

近すぎると

他の見方や考えが入る余地がなくなってしまう でも違う角度から見たら 明るい部分が潜んでいるかもしれないってことに気づける


その気づきが

新しいアイデアや楽しみ、展開に導いてくれるんですよね


ググッと距離が縮まるときもあるし

離れるときもある

ずっと同じ距離でいるのは不可能ですし

それはそれでいいのだと思います

.

.

一生懸命に生きていると

いろいろ見落としてしまうもの


弱いので

そんなこと日常茶飯事ですが


ふと気づかされて

修正しての繰り返しなのでしょう

.

あの百合はちょっと変わっているけど

愛らしいなあ


今週も

わたしらしく、あなたらしく生きられますように


Reina.



​Instagram

​3 1 6
ー Le cadeau dans la vie ー
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now